漬物、ガリ(寿司がり)、酢しょうが、紅生姜、酢漬等の製造・販売|四季折々の膳を彩り、伝統の味を現代に伝えるエンドーの漬物シリーズ|遠藤食品株式会社

地域情報

  1. HOME
  2. 地域情報
  3. 安藤勇寿さんに生姜の画を描いて頂きました!

安藤勇寿さんに生姜の画を描いて頂きました!

「生姜の画」を書いて頂きました!

栃木県佐野市出身の画家、安藤勇寿さんに生姜の画を描いて頂きました。

安藤先生は「少年の日」をテーマとして、何気ない季節の中での日常の大切さを描き続けています。
2002年には故郷である佐野市に「少年の日」美術館を開館し、現在では、国内外で展覧会を開催しながら、出版・印刷物等でも活躍をしておられます。
今回、同じ栃木県佐野市の企業ということで実現しました。安藤先生、瑞々しく綺麗な生姜の画をありがとうございました。

今回描いて頂いた作品は弊社新製品の生姜ダクワーズのパッケージとして使用されています。
とても美味しいお菓子ですので是非一度お試しください。

「少年の日」美術館内にて  安藤勇寿先生 (左)、遠藤社長 (右)
「少年の日」美術館内にて
安藤勇寿先生 (左)、遠藤社長 (右)

「少年の日」美術館入り口にて  遠藤社長(左)、安藤勇寿先生(右)
「少年の日」美術館入り口にて
遠藤社長(左)、安藤勇寿先生(右)

「少年の日」美術館内
「少年の日」美術館内
「少年の日」美術館内
「少年の日」美術館内

先生の作品も、美術館周辺の風景もどこかなつかしく、ほっとさせてくれます。
お近くにお越しの際はぜひお立ちより下さい。

安藤勇寿「少年の日」美術館ホームページ


地域情報TOPへ